格安で利用できるレンタルという方法を知る

レンタルをして効率良く作業をしよう

レンタル

毎日車を使わないなら格安レンタカー

レンタカーというと目的地の駅、港、空港などに到着してから第二の足として利用するというイメージが強くありました。1日か2日の短期利用であればメインとして利用した交通機関と併せてもかなりの割安感がありました。連続で何日間が使用すると割引などの適用はあるものの、仕事や余程の事情が無い限りは誰でも気楽に利用できるといった金額のものでもなく格安には程遠い内容でした。2000年になると1日の使用料金が2000円代と格安のレンタカーが出回り始めたのをきっかけにビジネスや大人数での旅行以外でも男女問わず気軽に利用できるようになったのです。10分100円などの分単位での使用を可能にした格安レンタカーも出たため、主婦の買い物や重い物を運ぶために更に格安レンタカーの利用者が増えています。

車種やナンバーも選べる時代へ

現在、格安レンタカーの多くは車種が選べないことが殆どです。排気量は選べますが、店舗側で用意した車種が主で近くにチェーン店舗などがあり、店間移動が出来る場合を除いてはユーザーが乗ってみたい車を乗れるわけではないのが現状です。また、格安かそうでないに関わらずレンタカーというとナンバープレートの「わ」という文字で、素敵な車だけど借り物だと思われそうで何となく抵抗を感じる人もいます。年間を通すと車の維持費を考慮して免許はあるが、車を持たないけどたまには乗りたいという人々もいるわけです。そのような背景を考えると今後のレンタカーは、格安かどうかに関わらずメーカーや車種を問わない「わ」ナンバーではない車が選べるといったサービスの展開が期待されます。また、気に入ればその場で中古車として販売もしてくれるということなども予測されます。

高所で使う

高所作業車とは「高い場所」で作業する時に利用する車です。会社などで購入する際は金額はもちろん、どのくらいの使用頻度なのか、などを考えてから検討すると良いと言われています。

続きを読む

レンタル利用のポイント

頻繁に利用する場合は購入したほうが得、と考えられますが、何かイベント等の時だけ利用したい、なんて場合はレンタルサービスを利用する方が経費が抑えられるなどの利点があります。

続きを読む

新着記事一覧

バスの思い出

学生時代、修学旅行などで利用するバスには思い出が沢山あります。貸切バスはそのような旅行はもちろん、なにか団体で利用する時にレンタルすることが出来る上に大型免許取得済みの運転手も一緒に手配することが出来ます。

続きを読む